事務作業代行サービスとは

事務作業代行サービスとは、企業における事務業務を請け負うことで、派遣などのように企業に赴き作業する場合とアウトソーシングする場合があります。

事務作業代行サービスの内容には、主に経理事務、営業事務、管理業務、総務事務などにおける一般事務や各種手続きがあります。具体的には、
・給与計算、経理記帳事、決算処理などの会計業務全般
・税務申告(法人税・所得税)業務全般
・労働保険(労災保険・雇用保険)や社会保険(健康保険・厚生年金)に関する事務
・労災保険の特別加入手続き
・電話対応や受注・発送・納品事務
・基礎資料作成
・出張記帳
・パソコン会計入力
・請求書作成

以上のほかにも企業で行っているさまざまな事務作業を事務作業代行サービスでは行います。特に経理や総務の事務では必要に応じて、経理のプロや法律のプロなどが代行するので安心して任せることができます。

人手が欲しいけど雇えるだけの資金がない場合や、業務における専門家がいない場合など、事務作業代行サービスは便利なサービスと言えるでしょう。

事務作業代行サービスのメリット

事務作業代行サービスとは、本来企業が行う経理事務や営業事務などを請け負い代行するサービス。

事務作業代行サービスに依頼するメリットとしては、
・社員を本業に専念させ、利益上げることができる。
・帳簿書類の作成と保管がきちんとできる。
・専任の事務担当者を雇用するよりも、コストがかからない。
・社会保険や労働保険などはプロが代行するので安心できる。
・労働基準法などの法律のプロが代行する。
・給与計算などの面倒な作業を
・採用や人事考課などでは、事務作業全般を詳しく知っている人が代行する。
以上のようなことが挙げられます。

事務作業代行サービスは、非常に幅が広くデータ入力のような誰でもできるような内容から、専門家でなければできないものまであります。よって、料金は内容によりさまざまです。事務作業代行サービスに依頼するときは、どのようなサービスを行っているか事前に調べてから依頼するようにしましょう。

運転代行サービスとは

運転代行サービスとは、主に車でお酒を飲みに来た客が、帰りは乗ってきた車を代行サービスのスタッフに運転してもらい、自宅まで送り届けてもらうサービスのこと。ただし、利用者は必ず自分が乗ってきた車に乗らなければならず、決してサービス会社の車に乗せてもらってはいけません。

運転代行サービスは、平成15年6月に道路交通法が改正され、飲酒運転などを含めた違反行為に対する罰則が厳しくなったことから、急激に利用者が増加。売り上げが伸び悩んでいるタクシー業界に比べ、順調に売り上げを伸ばしているようです。

運転代行サービスの料金は、特に定まった基準はなく、各代行業者が自由に設定しています。しかし、料金を利用者に明示しなければならないという規定があります。

運転代行サービスを開業するには、専任の安全運転管理者などを置き、代行運転するドライバーはタクシーと同じように2種免許が必要です。また、開業の際には認定申請を所在地を管轄する公安委員会に届け出て認定を受けなければならず、代行運転中の事故を補償するための代行保険の加入も義務付けられています。

運転代行は車1台と2名程度のスタッフで開業でき、資金もそれほど必要としないので、起業しやすい業種と言えます。運転代行サービスの起業に関してはフランチャイズなどのありますので、ノウハウを得るために加盟してみるのもいいかもしれません。

運転代行サービスの種類

運転代行サービスとは、飲酒などで車が運転できなくなった人に代わって、自宅などの目的地まで車を代わりに運転してくれるというサービスです。

運転代行サービスは、多くが個人開業でしたが、需要が高まるにつれ、タクシー会社なども参入、サービスの種類も多様化してきました。

その一つとして挙げられるのが、「タクシー運転代行」と呼ばれるもの。これは利用者はタクシーに客として乗り、利用者の車は運転代行サービスのスタッフが運転し、タクシーと一緒に目的地まで送るというもの。

また、利用者の車だけを運転代行サービスのスタッフが、目的地まで届けるというケースもあり、「回送運転代行」と言われています。

どの運転代行サービスを行っているかは業者により異なりますが、すべてのサービスに対応している業者もあるので、事前に調べておくといいでしょう。また、利用者は状況に応じてサービスを使い分けるといいですね。

ただし、以下の場合は断られることもあるので注意しましょう。
@ガソリンの残量が極めて少ない
A故障車・違法改造車・整備不良車
B左ハンドルの車
C大型車

家事代行サービスとは

家事代行サービスとは、日常の家事を利用者に代わって行うサービス。デリ家事などとも呼ばれ、一般家庭の主婦が行うような家事全般を要望通り代行してくれます。近年一般家庭にも浸透してきている業種と言えます。

家事代行サービスは、家政婦などを雇い入れ、家事全般や子守り、その他の雑用を任せるというサービスとは異なり、必要な時に日常的な家事業務の一部を時間内に行うサービスです。

一方、家事代行サービスでは、プロの技術を持った人が特別な機材などを使って掃除をするハウスキーピングサービスや子どもの世話をするベビーシッター、介護の必要な方をサポートするヘルパー業務のような専門性の高い仕事は行わないので

家事代行サービスのメリット

家事代行サービスとは、一般家庭の主婦が行うような家事全般を行うサービス。

核家族、夫婦共稼ぎが多い現代、家事代行サービスは、家事におわれる主婦をサポートするとても便利なサービスと言えます。また、仕事が忙しい一人暮らしの人、たまには子育てを休憩したいママなどにも喜ばれるサービスです。

家事代行サービスを依頼するメリットには、
・日常の掃除を代行してもらえる。
・なかなか手が回らない水周りをキレイにしてもらえる。
・畳・障子・ふすまの張り替えを代行してもらえる。
・外出中でも掃除を依頼することができる
・部屋がキレイだと仕事の疲れも癒される。
などが挙げられます。

料金は時間制で計算されるところが多いですが、業者により異なりますので、依頼する際にはどのような仕事を依頼したいのかなど詳しく説明し、見積もりを取ってもらうといいでしょう。

電話代行サービスとは

電話代行サービスとは、電話代行業者が依頼者に代わって電話を受け、依頼者が指定した携帯電話や固定電話、IP電話などに転送するサービス。

電話代行サービスのシステムには、
・電話代行サービス業者の電話番号やフリーダイヤルを利用し、ここにかかってきた電話を依頼者に転送するシステム
・依頼者が不在時にかかってきた電話をボイスワープなどを使って電話代行サービス会社へ転送し、オペレーターが対応、それを依頼者へメールなどで知らせるシステム
などがあります。

いずれにせよ、電話代行業者のオペレーターが、依頼者に代わって電話対応をし、依頼者に転送やメールなどで連絡する方法のこと。オペレーターは依頼者の会社名で応対、商品説明、受注業務などをする場合もあります。

また、電話代行業者が電話番号を貸し出し、電話応対は依頼主が行うタイプもあり、俗に逆転送と呼ばれています。

電話代行サービスの利用者とメリット

電話代行サービスとは、依頼者に代わって電話代行サービスのオペレーターが電話対応するサービスのこと。

電話代行サービスはどのような場合に利用するのでしょうか。
・事務所が留守がちになる。
・商品のサービスセンターやサポートセンターの専用番号をつくりたい。
・現在の事務所と異なる受注拠点が欲しい。
・拠点が地方のため、都市部にバーチャルオフィスを持ちたい。
・特定の顧客専用の電話番号をつくりたい。
・サイドビジネスを始めたい。
・副業などで自宅の電話番号を使いたくない。
・ストーカーなどの被害のために自宅に回線を引けない。

電話代行サービスを利用するメリットは、単に不在時の電話応対のみではありません。電話対応でとられる時間を、電話代行サービスを利用することで仕事効率を上げることができます。また、きちんとした電話対応はビジネスチャンスを広げる要因ともなります。さらに出る必要のない電話の対応などにも利用することで、ストレスを緩和できるでしょう。

買い物代行サービスとは

買い物代行サービスとは、利用者に代わって商品などの買い物をして、利用者に届けるサービスのこと。

現在日本人の5人に1人が高齢者で、今後も高齢者の人口は増え続け、2012年には3.000万人を超えると言われています。足腰が弱くなった高齢者にとって、大きな商品や重い商品を購入するのは大変。また買い物が数店舗になるケースや店舗が遠方の場合も高齢者にとっては負担になるでしょう。

個人のお店や量販店などで配達サービスをしてくれることもありますが、購入する商品や種類によっては買い物代行サービスを利用したほうがいい場合もあります。

買い物代行サービスは、一人暮らしの高齢者の無事を確認することを兼ねているケースもあります。最近では、買い物代行だけではなく、高齢者向けのデイサービスと買い物代行がセットになったサービスや、宅配弁当と買い物代行がセットになったサービスもあるようです。

高齢者が増えていく日本において、買い物代行サービスは、ますます重要になってくることでしょう。

買い物代行サービスの利用法

買い物代行サービスとは、お客に代わって商品などの買い物をするサービスです。

買い物代行サービスは高齢者にとっては必要不可欠なサービスとなりつつありますが、それ以外にも以下のような利用の仕方があります。

・人気の新商品を手に入れたいが、用事で行けないとき
・体が不自由なので、買い物の手伝いして欲しいとき
・自分で買うのがはずかしいとき
・どうしても欲しい限定商品があるとき
・すぐに売り切れてしまう人気商品を手に入れたいとき
・重たいモノを買いたいが、車がないので代わりに購入してほしいとき
・買いに行くのが面倒とき
・忙しくて買い物に行けないとき
・欲しい物がどの店で販売しているかわからないとき
・人気のコンサートのチケット
・当選が多く出た売り場での宝くじの購入

買い物代行サービスでは、限定品などの特別な物から、日用品などの日常的な物まで依頼できます。また、海外で販売されている商品を買い物代行してくれるところもあります。しかし、法律に触れる商品や医薬品などは依頼できませんので注意しましょう。

買い物代行サービスでは、オークションやネットショッピングでの買い物を代行するサービスもあるので、利用してみるといいでしょう。

スポンサードリンク